東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。

カテゴリ: 第5節

プレミアリーグ第5節、全試合が終了しました。

やはり注目試合はノリッジマンCのジャイアントキリング。優勝争いをするチームから昇格組みが大きな勝ち点3を得た。



tag_reuters.com,2019_newsml_RC145801C6F0_616161569_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC113F0D3B30_984563228_768x432


チェルシー
ウルブズに勝利してようやく今季2勝目。ウルブズは勝ちなしで降格圏に沈んでいる。トモリ、マウント、エイブラハムの育成年代上がりの選手による見事な連携もあり、エイブラハムはハットトリック。ニューヒーローは今季7点目の圧巻の活躍。ウルブズのメンバーは昨季7位のまま変わらずだが、EL予選の連戦の疲労があるのか。ポルトガルの中心選手と若いラテン系選手たちのプレーはELを苦戦することはなさそうだが、プレミアでは昨季のようなネヴェスのパス一発で決まるショートカウンターが見られない。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC125BB46610_918585954_768x432


オールドトラフォードでレスターを迎えたマンチェスターユナイテッドはPKを決めて辛勝。ホームに有利な笛で勝たせて貰った残念な試合。レスターはお得意のショートカウンターが不発。しかしダニエル・ジェームズ(マンU)、J・マディソン(レスター)の眠気が覚めるプレーは本物。ギグスが帰ってきたと喜ぶサポーターも多いだろう。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC19F06FA8F0_390988669_768x432


リヴァプールは5連勝、単独首位の15pt。サラー、マネの仲直り報道もあり、一方的に最強チームの片鱗を見せつける試合。今季こそは優勝か、それとも冬に主力が退団(各選手報道あり)して、勝ち点を落とすのか。ジリ貧マドリードの手招きと疲労のローテーションが不安材料だが、揃いすぎている優勝の条件をどう保つか。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1A7B4D1000_1143745159_768x432


トッテナム対パレスはスパーズのさすがの攻撃力。ゴールの仕方を熟知した選手が多い中、ソン・フンミンの走力、シュートのコントロールはこちらの動体視力を試すが如く今日もフルスロットル。右SBのオーリエも獅子奮迅の活躍。OGを誘うシュート、フリーのソンを見つける視野、ぴたりと合わせるクロスはお見事。なぜPSGが手放したのか分からないが、拾ったスパーズも幸運。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC139336D680_1399930473_768x432


ガナーズのため息で地球温暖化が加速したワトフォード対アーセナルの試合。EL番長エメリはここ数年の修正点を引きづったまま、それが誰の目にも分かる試合。ベジェリン、ラカゼットを欠いたところで、陸上部二人(オバ、ペペ)とその監督(エジル)はサッカーの守備を知らないので、攻撃だけで活躍。攻撃のスイッチは充分だが、ダビド・ルイスが加入したところで守備が改善されると思ったのか。早速モウリーニョ、アッレグリといった新監督の名前が上がる。「負けないだけいい」と考えるガナーズはもういない。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1BD8DBB900_838504022_768x432



5節が終了し、トッテナム、チェルシー、マンチェスターシティ、リヴァプールはCL、アーセナル、ウルヴズ、ユナイテッドはELの試合が待っている。そちらのほうも記事にしていきたいと思います。


第5節の注目試合を記事にする前にまずはこちらIMG_0481
1試合程度の番狂わせではないことを、8月の最優秀選手テーモ・プッキの好調とトッド・キャントウェルのお手本のようなサイドアタック、そして元オランダ代表GKティム・クルルも最後の壁に待つという、見てて楽しいチームの1つに仕上がっているノリッジ・シティ。


ホームでマンチェスターシティを返り討ちにした英国のカナリア軍団は、バーンリー、クリスタルパレス、アストン・ビラ、ボーンマスから勝ち点をこぼさずに、マンU戦を迎えられるか。

監督はドルトムントⅡを率いていたダニエルファルケ。怪我人を多く抱えるなかプレミアリーグを戦う手腕はお見事。全身黒のスーツに黒のコートはまるでモウリーニョ。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC113F0D3B30_984563228_768x432



テーモ・プッキ
IMG_0480

ヴァーディの登場のような、サプライズ。
コントロール、フィニッシュ、視野、キャントウェルのスプリント、周りを活かす能力が備わっている。フィンランド代表ではイタリアを追いつめ、ユーロ予選では2位につけている。


先制点はノリッジ、コーナーキックを23番マクレーンが合わせる。ゾーンで守るシティに対し、ニアに飛び込んだマクレーンが頭でゴール。tag_reuters.com,2019_newsml_RC1ADE0BFDF0_997202619_768x432


追加点はキャントウェル。俊足の21歳を警戒したシティ右SBウォーカーがオフサイドラインを合わせられず、フリーで裏に抜けたプッキがキャントウェルにラストパス。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC145801C6F0_616161569_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC116B8BD290_1962040781_768x432


シティは45分にアグエロのヘッドで一点を返す。

リードしているノリッジは49分、シティ最後列のパス回しにブエンディアが四角からボール奪取。
フリーのプッキへラストパス。3点目。


87分、シティのロドリが力のこもったミドルシュートを突き刺す。

シティはロドリのフィード、アグエロ、スターリングのドリブルから枠内のシュートを連続される。甘いプレスのノリッジは終了間際危ない場面を作り出されるが、試合終了の笛が鳴る。




次回は
第5節の注目試合、試合結果をまとめます!




↑このページのトップヘ