東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

カテゴリ: 海外組み

海外組みと呼ばれる日本人選手が多く名を連ねるヨーロッパリーグ、グループステージ第一試合が終了。寸評等は周知のとおり、カイザー長谷部誠のいるフランクフルトは主力が退団、鎌田大地に出番が回ってくるものの、攻撃ではアレ(ウェストハム)ヨビッチ(ミラン)レビッチ(マドリー)に遠く及ばない。ディフェンスの場面ではファウルを与え、流れを切るいいプレーだが、結果は3-0。足に違和感を抱えてそうなオーバメヤンに世界トップのプレーを見せ付けられる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1499D679F0_1372022055_768x432



パルチザン所属のジャガー浅野は左ウィングでプレー。パルチザンと対戦のAZアルクマール所属、菅原由勢(ゆきなり)はベンチスタート。浅野の裏への飛び出しがAZに27分、レッドカードを出す。菅原は31分に交代出場、右サイドバックに入る。2-2のドロー。浅野はさすがの走力でスルーパスを呼び込みシュートまで持っていく場面が見られた。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1D5FF67100_720768603_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC17E3386020_366343372_768x432


ポルト中島、ベルギーリーグに戻ったヘント久保裕也はベンチでフルタイムを過ごす。PSV堂安も後半78分から出場。評価材料もなく、チームは勝利。CSKAモスクワの西村はFWで先発するが、ルドゴレツに5-1の敗戦。

浅野に関してはいい知らせが聞けそうなプレー。まだまだ第一節。いい夜を。

こちらも合わせてどうぞ


代表試合の中断期間を終え、リーグが再開された今週末。

そんなときに起こるのが、同時多発、海外組みゴールラッシュ!


ベルギー1部ではシャルルロワのMF森岡亮太がPKを決めて今季4点目、ジュピラー・プロリーグは7節目、得点王は5ゴールの一位タイが五名。追え!森岡!

ロイヤル・アントワープFCの三好康児は後半82分から出場、初デビュー!アンデルレヒトは退場選手を一人出す中、攻撃的な位置で試合を決めるゴール。
IMG_0491

オーストリア、ザルツブルクの奥川雅也は右サイドMFで先発出場、左サイドからのクロスを流し込んで今季3点目。65分には南野拓実と交代。
IMG_0492

マンチェスターシティに青田買いされた食野(めしの)亮太郎はレンタル先のハーツ(スコティッシュプレミア)で初ゴール。スコティッシュプレミアの最下位チームにレンタルされることが果たしてステップアップなのだろうか。

オランダはエールディヴィジ、トゥエンテ中村敬斗は16分に先制ゴール。6試合3ゴールの好調さ、欧州の下位クラブにありがちな守備のざるさもあって、左ウィングで活き活きとする。しかし前半終了間際、VARを使ったものの、レッドカードを貰って退場。チームは3-2の勝利。中村のナイスなスライディングより相手の演技が上回る、バルサ、ネイマールメソッド炸裂。中村はマジよかったよ。IMG_0493



(PSV、堂安律は後半79分にデビュー。試合に絡めず終わる。名門だけあって選手層、成長スピードは現在の堂安にとって高い壁。これから世界に馴染んでいけばいいでしょう。)


ポルトガル1部プリメイラ・リーガではポルティモネンセの右サイドバック安西幸輝が高い位置でカットインから左足でシュート、キーパーは一歩も動けずサイドネットに吸い込まれた。ロッペンとかに代表されるあのシュート。日本の右サイドバックが熱い!

そんなポルティモネンセは中島翔哉のいるポルトと対戦。中島は72分に途中出場すると軽率なプレーで試合の流れを壊す。ポルトは終了間際のPKもありなんとか勝利するが、試合後コンセイソン監督は中島に詰め寄って激高。ネットのおもちゃと化した守備力の低さを露呈、交代出場で試合の流れを悪くするのは、優勝が約束されるポルトガルの名門で絶対にあってはならないこと。

冬には中位クラブにローン、夏には神戸あたりが獲得して日本に帰る感じ。ポルトガル語覚える気ないならなおさら。


レアル・サラゴサ香川もクロスを流し込んで得点。レベルが一人違う。昇格してリーガ参戦が手早いと頭にあるなら、来年それを見たいファンも多いだろう。
IMG_0490





活躍する選手がいる一方、ブンデスリーガの日本人は沈黙、カイザー長谷部、鎌田はアウクスブルクに敗戦。代表明けローテーションでメンバーから外れる選手もいるなか、ボローニャ富安はフル出場、チームはブレシアに大逆転で3試合負けなし。ブレシアの注目株サンドロ・トナーリを沈黙させる活躍。

ボローニャはインテルに次いで2位につけるが、トリノが勝っても3位という状況。ユベントスを得失点差で上回るという、世界のヒデ・NAKATA!を彷彿とさせる。


富安、中村、香川、安西の成長と酒井がPSGの誰を削るか、そして本田のビジネス、要チェック。

↑このページのトップヘ