東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。

カテゴリ: チャンピオンズリーグ

CLグループステージ、全てのグループが第一節を終えました。

まずはグループA、銀河系崩壊のレアル・マドリードはモドリッチ、イスコ、マルセロ、アセンシオが負傷離脱中、ナチョ、セルヒオ・ラモスは出場停止で欠くが、PSGとの試合を見ていると、世界最高CBのバックアップとして出場したエデル・ミリタオはワーストのプレー。プレスをさぼり、マークをはずし、ディマリアに眼前で二得点を許す。対するPSGの前線はカバー二、エムバペ、ネイマールを欠くが、さすがの選手層の厚さ。効果的なボール支配、集中力でレアルを圧倒。フランクフルトで活躍したヨビッチは不発。体の重そうなクロース、ハメスが、久保くんよりスタメンにふさわしいかといったら、いまのマドリーにおいて疑問が残る。はやい!うまい!運ぶ!の三拍子が揃う久保建英より、今夜のアザールが良いのかどうか。来年は資金投下で中盤が補強されるだろうが、久保くんがジダンのチョイスになることを祈ります。

3-0でPSGの勝利。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12965D8C20_1544295423_768x432



客寄せパンダ長友佑都の所属するガラタサライはモナコからファルカオ、プレミアリーグ降格のフラムからローンでジャン・セリを補強。クラブブリュッへも、四年連続二桁得点、ベルギーリーグMVPにも選出されたことのあるハンス・ヴァナケンのファインプレーもあるが、チャンスはウルグアイ代表GKムスレラが塞いでいく。長友はセットプレーからこぼれたボールを拾い強烈なミドルシュートを放つがわずかに反れる。長友、左足禁止しろ。CLの舞台でスピード、フィジカルともにレアル、PSGと勝負ができそうな安定のプレー。第二子、誕生日おめでとう。0-0
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1844989B30_826473154_768x432


グループBはバイエルンがズヴェズダに勝利、トットナムはオリンピアコスに2-2の引き分け。トッテナムは勝てる試合だったが、PKを献上して追いつかれそのまま試合終了。ルーカス・モウラ、ケイン、デレ・アリの狂気さえ感じるスピードとドリブル。しかしグループ突破後にだけ目を向けていたら大穴、オリンピアコスが立ちはだかる。バイエルンはロベリーが退団したが、ペリシッチ、コマン、コウチーニョといった遜色ないサイドアタッカーがいる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1226B03830_272642845_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1FEF57A170_1389764810_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC11BF3FC750_24428533_768x432
バルブエナのPK



グループCはクロアチアの雄、ディナモ・ザグレブがアタランタに4-0の勝利。CL初参加のアトランタには早くも暗雲が。ドゥバン・サパタは沈黙。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11CA0D46D0_184224421_768x432

マンチェスターシティはシャフタールに3-0
マレズ、ギュンドアンともに1G1Aの活躍、ジェズズがとどめのゴール。CBに多数の故障者を抱えるが、MF、FWのスカッドは誰が出ても最強といった具合。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12BC479D60_383222395_768x432



グループDはユベントス、アトレティコの二強が2-2の引き分け。
セットプレーから2点を追いつくアトレティコ。セットプレーが強いときのアトレティコはいい結果を残すシーズンを送る傾向がある。フェリックスは早くもシメオネスタイルに適応。カルチョのDFを越す惜しいヘディングもあった。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1F42E75600_27717063_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC12C721AA60_1486967088_768x432



レヴァークーゼンはロコモティフに敗戦。レバークーゼンGKフラデツキーの不用意なミスからカウント1-2。動かないまま試合終了。注目選手の多いレヴァークーゼンは再三チャンスを作るが一試合目はロシアのクラブに勝ち点を落とす。


こちらの記事もあわせてどうぞ

CLグループステージ第一節グループE~Hの試合が終わりました。

日本人選手についても後でまとめますが、
グループEザルツブルク南野はCLで2アシストの大活躍!。U-20ワールドカップでホンジュラス相手に9得点したニュースも新しい、新モンスター【エルリング・ホランド】がビッククラブのスカウトも立ち上がる圧巻のハットトリック。ライオラ好みのニューカマーは、伊藤純也の所属するヘンクを突き放す6-2の主役になった。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC159E8243B0_1867066067_768x432


ザルツブルクは若い選手が巧みな連携でそのポテンシャルを充分に発揮。数年後、ビッククラブでその名前を見るような選手ばかり。
伊藤純也は決定機を決めきれず後半開始直後に交代。


グループE前回王者リヴァプールナポリと対戦。新旧CLを熟知した優勝監督同士のマッチ。軍配はアンチェロッティに上がる。ナポリはホームの利を活かしてPKゲット、後半終了間際には34歳になったフェルナンド・ジョレンテが追加点。リヴァプールは再三シュートを放つがクリバリはそのスプリント力で必ずシュートブロックに顔を出す。リヴァプールの神々は常に2人以上のプレス、チェックを受け沈黙する。両チーム巧緻な守備が目立つ。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1565E291A0_939350624_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC13BDEA2E30_626624371_768x432


死の組グループFは新生コンテ監督のインテルはスラヴィア・プラハと引き分け。バルセロナドルトムントのマッチも引き分けで勝ち点が並ぶ。残り5試合、リーグで好調を維持したチームがグループを突破するだろう。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC155AB42FE0_1877047913_768x432


グループG、今年のダークホース枠はライプツィヒベンフィカに勝利。ゼニトリヨンは引き分け。決勝トーナメントでサプライズを起こすチームがどこになるか、一節くらいではまだ予想できない。


グループHはアヤックスリールに、バレンシアがチェルシーに勝利。バレンシアはコパデルレイ優勝、昨季4位でCLストレートインの功労者、マルセリーノ監督が移籍の方向性で揉めて解任されたばかりだが、アトレティコに移籍寸前だったロドリゴがセットプレーからゴール。チェルシーはPKを獲得したが、キッカーのバークリーが決めきれず敗戦。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1B0597C950_1839851689_768x432


まだまだ分からないCLグループステージ。要チェック!

↑このページのトップヘ