東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

カテゴリ: 2019-20

続々と古豪クラブはメンツを保つために監督人事の再編にとりかかる。そこで誰もが首をかしげるのがマンチェスターユナイテッドのスールシャール監督である。フロントは続投の意思が固いらしい。加えて選手からの不満やそれに似た記事もほとんどないのが驚きである。 そして16節、ユナイテッドはエディハドスタジアムに乗り込む。


スポーツベットするなら日本語対応の10BETがおすすめ!

目次

激闘マンチェスター・ダービー! リンガード、ワンビサカの当たり試合

トッテナムvsバーンリー 復活ヨーヨークラブキラー!

アストン・ビラvsレスター 脅威の8連続ゴール量産のヴァーディー!

ウェスト・ハムvsアーセナル 暫定監督ユングベリは「アーセナルウェイを」

ブライトンvsウルブス 忘れるなかれクリロナ二世、ディオゴ・ジョタの2ゴール!

ノリッジvsシェフィールド イケメン、キャントウェルは途中から

ニューカッスルvs後には引けない通常営業セインツ

ナイジェル・ピアソン就任ワトフォードvsクリスタル・パレス

ボーンマスvsリヴァプール

エヴァートンvsチェルシー ケパがポカ

激闘マンチェスター・ダービー! リンガード、ワンビサカの当たり試合


この半年間リーグで先発してきたアンドレアス・ペレイラでは足りないすべてをこなしたリンガード。1列目で裏に走りたがるダニエル・ジェームズを見ごとに2列目で整列させ、見違えるほどの守備ブロックでシティを苦しめる。 この試合最も輝いたのは右サイドバックのワンビサカ。キープレイヤーのスターリングをマンツーマンでチェック。ドリブルトライも空しく、ほとんどをスパイダーマンに絡めとられる。スターリングはその後も執拗なチェックに合い、チャンスをつくることができずシティは左サイドにボールが渡るとプレイスピードに遅れがでた。 デブライネは右サイドでいつも通りクロスを供給。分かっていてもベルギー黄金世代を止めることはできない。この形もマンネリ気味だが、マグワイア、リンデレフの間に位置するジェズズへと届いてしまう。右サイドバックはルーク・ショー。ヤングが出場した後半、やはりいつものマンUと化す。

23分 ラシュフォードがPKを獲得。キーパーの動きを見て落ち着いて決める。

29分 D・ジェームズとマルシャルのワンツー、シティDFが3枚寄せてくるが足が届かない位置にコントロールしたマルシャル。左足インサイドで素早く振り切り2-0


偽サイドバックうんぬんの戦術は不発。深い位置にいるスターリングに対してアンへリーニョは距離をつめてもじもじしているが、ダニエル・ジェームズのマークをはずせないのがサポートしきれない大きな理由である。
ワンビサカ、リンガード、二列目のほうがタレント性を発揮するジェームズの当たり試合。アンへリーニョ、スターリング、ベルナルド・シウバのはずれ試合だった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2IQD9HEUYB_265090360_768x432


大穴狙うなら最大オッズ1000倍超えの10BET

トッテナムvsバーンリー 復活ヨーヨークラブキラー!


モウリーニョ就任の恩恵は継続中。加えてホームの大声援がポッチェッティーノらしいサッカーを復活させる。

5分 ケインのミドルからドライブ性のシュート。バーンリーDFのチェックが遅く、ニックポープの準備も甘い。

9分 トッテナムはなおも怒涛の攻撃。ソンが最終ラインを引っ張ると、逆サイドのルーカスにボールが転がり押し込むだけ。

32分 ソンのカウンターがスタート。体を投げ出す選手がいないバーンリーは対カウンター守備でもお粗末。緩急でDFのリズムを崩し、中央のスペースを突破。さすがのアジア最優秀選手の走力に追いつける選手はなく、ゴールを許す。

54分 またしてもケイン。態勢を崩しながらもボールの芯を捉えたシュートを突き刺す。シュートブロックも甘い。

74分 シソコがドリブルで持ち上がりケインとのワンツーで抜け出し、とどめの5ゴール目。


ポッチェッティーノが植えつけた攻撃サッカーを再燃させたモウリーニョ。
バーンリーはロングボール一辺倒、それをトッテナムが収め、カウンターにしてあっという間に5ゴールで。強敵相手にくそみたいな試合のバーンリー。対策もなにもない。イングランド育成年代マクニールも目立ったプレーはない。トッテナムのボーナスゲームだった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2GQD9VVJ8N_2125539609_768x432


tag_reuters.com,2019_newsml_RC2ZQD9PRBUA_110298137_768x432



アストン・ビラvsレスター 脅威の8連続ゴール量産のヴァーディー!


前節、劇的な勝ち越しゴールを上げたイへアナチョが初スタメン。バーディーと2トップ、その下にマディソン、中盤はダイアモンド、プラート、ンディディ、ティーレマンスというスターティング。

ビラはマフムード・ハッサンことトレゼゲがベンチスタート、フリハンもスタメンから落ちている。代わりに24歳、10番のグリーリッシュが左サイドで先発。

試合展開はロングボールをつなぐビラがリードする。グリーリッシュにボールを収めさせて、ウェズリー、エルガジが裏のスペースを狙うところにロングボールを入れて手数をかけず攻撃に持っていく。レスターはコンセプト通りヴァーディー、イへアナチョのスピードを活かすボールを入れたいが、パスコースが読まれてカットされる場面が多い前半。


20分 イへアナチョのスルーパスからDF,GKをはがすヴァーディー。PA内での超絶ボールコントロールで余裕のゴール。ネット越しにゴール裏のビラサポーターをにやにや煽る不良狐である。


41分 左サイドマディソンのクロスからマークの前に出たイへアナチョが流し込み追加点

45分 アストン・ビラのCK。滞空時間の長いボールが往復し、最終的にフリーのグリーリッシュがダイレクトシュート。1-2で前半終了

49分 レスターのコーナーキック、ファーサイドに走ったエヴァンズが頭で合わせる。

75分 バーディーの2点目、相手守備ラインがセンターライン付近のときにボールを奪取したときのお馴染みの電光石火で試合を締めくくった。


レスターはイへアナチョのスターティングを活かすため中盤ダイアモンドのシステムだが、逆にシステム上の守備での欠点が現れる。ビラのサイドチェンジのたびにマークが足りなくなり、守備をスライドさせる隙は今後対戦する強豪相手には見せてはいけない点である。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC23RD9IBRJ2_440069488_768x432


tag_reuters.com,2019_newsml_RC22RD9M4TYC_809729513_768x432


tag_reuters.com,2019_newsml_RC23RD9E681N_203951650_768x432

ウェスト・ハムvsアーセナル 暫定監督ユングベリは「アーセナルウェイを」


フィリピ・アンデルソンは開幕から調子上がらず3アシストのみ。この試合もシュート1、ドリブル2回という移籍金に見合わないプレー。鳴り物入りフランクフルトのアレも周囲との連携がとれず、今日のワントップはより足元でのキープ、ドリブルで時間のつくれるアントニオ。ターンや突破からいいシーンを作っていたが、連携より個に頼り始めた痛恨のハマーズ。GKファビアンスキ、スノッドグラズ、ランシーニが離脱中なのも痛手。
セットプレーからオグボンナが先制する。

アーセナルはエメリを解任し、ユングベリが暫定監督になってはじめてのリーグ戦。ボールを保持したときの焦りが消え、のびのびとプレー。オバ、ペペが1G1Aずつ。マルティネッリが1G。
GKレノは抜群のポジショニング。いまこのクラブが何をしたいのか見えてこないが、ソクラティスはドルトムント時代から変わらずお粗末な守備。一度もワールドクラスになれないままである。ダビド・ルイスは守備のリーダーシップを発揮してこその選手だが肩身の狭そうな感じは変わらず。持ち味のロングフィードのビルドアップもジャカがいるので台無し。そしていつも通りエジルは仁王立ち、10人で戦うアーセナル。得点につながるドリブルが一回あったが、あとの時間はボールを見つめながら暇つぶし。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2XRD9O7KEC_2048889204_768x432

ブライトンvsウルブス 忘れるなかれクリロナ二世、ディオゴ・ジョタの2ゴール!


ブライトンのポッター監督は4-4-2システムの連動性が悪くなったことも含めこの試合は4-3-3で臨む。対するウルブズは過密日程でも大きな負傷離脱者もなく安定したスターティング。
モウチーニョ、ネヴェスが時間、空間を使いながら、フリーの選手へはたくことで素早い攻撃がスタート。カウンターの精度に関しては昨年と同じかそれ以上、ジョタがヒメネスとのショートカウンターで1点目、アウトサイドでクロスを上げたヒメネスもお見事。2点目は敵が寄せる前に、足の振りを速くターンしながらのシュート。好セーブがつづくGKライアンも準備できず。

ブライトンはデール・スティーブンスからのロングボールをワンバウンド後マーペイがポスト真横内へ強烈なシュートを突き刺す。やはりソリッドになれないウルブスCB、コーディー、サイス。全ての試合、引き分けになっているのはこの2人に原因があるように思われてならない。デンドンケルが良すぎるだけなのか。運動量、ドリブルでの持ち上がり、攻撃のアクセントになるデンドンケルは私的ベストメンバーの1人。身長はないがフィジカル、走力のあるマーペイもそこに加えたい。ポゼッションが難しくなったときに柔軟に裏へ走り出してくれる器用な選手である。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC26RD9G80KN_1266685487_768x432

tag_reuters.com,2019_newsml_RC25RD9IOK1R_2104394107_768x432



ノリッジvsシェフィールド イケメン、キャントウェルは途中から


キャントウェルはベンチスタート。テッテイ、ブランチッチの2ボランチは珍しい、それだけだった。
本職のDFが続々と復活し、守備に安定の兆しがあるが、プレミア級のパワーに欠ける。クロップのドルトムント末期みたいなパスサッカーで攻める。ブエンディア、マクリーンはさすがの貢献度だが、オニール・エルナンデスの左サイドはミスマッチ。後半プッキと代えて出場することが多いエルナンデスはゴールエリアに近いプレーゾーンでなければできることが何もない。キャントウェルのローテーションも必要だが、変えの利かない選手であることもまた事実。後半出場し、自由に動き回りながら選手をはがすプレーはやはり圧巻。
この試合シェフィールドらしい得点はなかったが、ノリッジの球際の弱さを突いて2得点。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC23RD98VNL1_520662455_768x432

tag_reuters.com,2019_newsml_RC24RD9U6KXT_915868043_768x432



ニューカッスルvs後には引けない通常営業セインツ

とにかく攻めて、打つぞ!という熱意がやっと見えてきた。年明けからプレミアリーグがはじまるいつものサウサンプトン。ワードプラウズはセットプレーを蹴るがサッカーゲームほどのFK数値はない。なんならアーセナルのぺぺのほうがうまい。
ニューカッスルは5-4-1でジョエリントンまでがいつも通り遠い。しかしこの戦術、サンマキシミン、アルミロンに広大なスペースを与えることに成功しているので二人のドリブル回数がとんでもないことに。アルミロンに関してはワースト選手にも選ばれがちだが運動量、スプリントだけならニューカッスルに必須の貢献度。野球部みたいにかわいいどんぐりヘアーは5回のドリブル。サンマキシミンとはいうと、脅威の10回。リーガの二強選手でもなかなかない数値である。CL準優勝シーズンのクアドラドがこんな感じだった。プレミアリーグここ5年以内ならまずサンマキシミン以上のドリブラーはいないだろう。ロストの少なさもフランスリーグの井の中の蛙=サンジェルマンのドリブラー以上のものがある。シェルビもやっと上手い選手とやれることで才能が復活。2-1。まあセインツは年明けが勝負だから。ハーゼンヒュットル監督も在任中。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC23RD93D8OZ_1780168349_768x432

ナイジェル・ピアソン就任ワトフォードvsクリスタル・パレス


最下位ワトフォードはピアソンの就任を発表。早速システムを情けない5バックから4-2-3-1へ。左サイドハーフにデウロフェウ。守備は微妙なのは変わらないがバルサのカンテラ仕込みのテクニックだけは変わらず上手い。パレスは基本フォーメーション、スタメン等変わらないがザハが試合に入りきれない。球際で競り合いが激しく、お互いチャンスをつぶしあう。このようにまずは体を当ててからでないと守備がはじまらないのは明らかだろう。ボールを先に収める意味もこめて玉際をソリッドに行けないチームが下位にまとまりはじめたシーズン前半戦だっただろう。アイエゥも相変わらずのシュート精度だった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2GQD9IGH4I_559636814_768x432

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2GQD917SEV_1778020893_768x432



ボーンマスvsリヴァプール


総シュート3本に対してリヴァプールは21本。ホームのボーンマスは全体的に集中力がなく、中央の守備枚数が足りずじまい。ハリー・ウィルソンはリヴァプールとの契約上不出場。ナビ・ケイタが1G1Aと中央のスペースで持ち味を発揮。サラーのオフサイドラインから消える裏抜けからのゴールもお見事だった。カラム・ウィルソン、守備の要、アケも開始早々に負傷交代するという散々な試合。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC2GQD9TOT01_1505551067_768x432

エヴァートンvsチェルシー ケパがポカ


ケパのやらかし試合。ホームチームが3-1の勝利。ボールの落下点への入りが抜群に上手いリシャルリソンがまたしても頭で合わせる(何点目だっけなあ、、、)。チェルシーのDFは揃っていたが、クリステンセンはやはり空中戦のレベルが低い。2点目はズマのクリアミスのフライボールをまたしてもクリステンセンが競り負ける。カルバートルーウィンが2点目。コバチッチが1点を返すが攻守両方で落ち着くことができず、ケパのパスミスで3点目。連戦でさすがのマウントも運動量が落ちていいスペースに顔をだす機会が少なくなった。開幕から成長していた選手たちは12月に来て停滞気味。



tag_reuters.com,2019_newsml_RC2DQD9LJW2G_1305214993_768x432

CLグループステージ、全てのグループが第一節を終えました。

まずはグループA、銀河系崩壊のレアル・マドリードはモドリッチ、イスコ、マルセロ、アセンシオが負傷離脱中、ナチョ、セルヒオ・ラモスは出場停止で欠くが、PSGとの試合を見ていると、世界最高CBのバックアップとして出場したエデル・ミリタオはワーストのプレー。プレスをさぼり、マークをはずし、ディマリアに眼前で二得点を許す。対するPSGの前線はカバー二、エムバペ、ネイマールを欠くが、さすがの選手層の厚さ。効果的なボール支配、集中力でレアルを圧倒。フランクフルトで活躍したヨビッチは不発。体の重そうなクロース、ハメスが、久保くんよりスタメンにふさわしいかといったら、いまのマドリーにおいて疑問が残る。はやい!うまい!運ぶ!の三拍子が揃う久保建英より、今夜のアザールが良いのかどうか。来年は資金投下で中盤が補強されるだろうが、久保くんがジダンのチョイスになることを祈ります。

3-0でPSGの勝利。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12965D8C20_1544295423_768x432



客寄せパンダ長友佑都の所属するガラタサライはモナコからファルカオ、プレミアリーグ降格のフラムからローンでジャン・セリを補強。クラブブリュッへも、四年連続二桁得点、ベルギーリーグMVPにも選出されたことのあるハンス・ヴァナケンのファインプレーもあるが、チャンスはウルグアイ代表GKムスレラが塞いでいく。長友はセットプレーからこぼれたボールを拾い強烈なミドルシュートを放つがわずかに反れる。長友、左足禁止しろ。CLの舞台でスピード、フィジカルともにレアル、PSGと勝負ができそうな安定のプレー。第二子、誕生日おめでとう。0-0
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1844989B30_826473154_768x432


グループBはバイエルンがズヴェズダに勝利、トットナムはオリンピアコスに2-2の引き分け。トッテナムは勝てる試合だったが、PKを献上して追いつかれそのまま試合終了。ルーカス・モウラ、ケイン、デレ・アリの狂気さえ感じるスピードとドリブル。しかしグループ突破後にだけ目を向けていたら大穴、オリンピアコスが立ちはだかる。バイエルンはロベリーが退団したが、ペリシッチ、コマン、コウチーニョといった遜色ないサイドアタッカーがいる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1226B03830_272642845_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1FEF57A170_1389764810_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC11BF3FC750_24428533_768x432
バルブエナのPK



グループCはクロアチアの雄、ディナモ・ザグレブがアタランタに4-0の勝利。CL初参加のアトランタには早くも暗雲が。ドゥバン・サパタは沈黙。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11CA0D46D0_184224421_768x432

マンチェスターシティはシャフタールに3-0
マレズ、ギュンドアンともに1G1Aの活躍、ジェズズがとどめのゴール。CBに多数の故障者を抱えるが、MF、FWのスカッドは誰が出ても最強といった具合。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12BC479D60_383222395_768x432



グループDはユベントス、アトレティコの二強が2-2の引き分け。
セットプレーから2点を追いつくアトレティコ。セットプレーが強いときのアトレティコはいい結果を残すシーズンを送る傾向がある。フェリックスは早くもシメオネスタイルに適応。カルチョのDFを越す惜しいヘディングもあった。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1F42E75600_27717063_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC12C721AA60_1486967088_768x432



レヴァークーゼンはロコモティフに敗戦。レバークーゼンGKフラデツキーの不用意なミスからカウント1-2。動かないまま試合終了。注目選手の多いレヴァークーゼンは再三チャンスを作るが一試合目はロシアのクラブに勝ち点を落とす。


こちらの記事もあわせてどうぞ

↑このページのトップヘ