東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

タグ:ウェストハム

プレミアリーグ第7節が終了。
注目試合はシェフィールド対リヴァプール。クロップサッカーを追い詰める熱量、迫力が終了間際まで続く。

善戦するシェフィールド! リヴァプールは手堅く連勝伸ばす


シェフィールドは敵陣深い位置で攻撃をつづけるが、覚醒中のアドリアン、当代最高のDF陣がブロックする。コーナーキックのこぼれをワイナルドゥムがロングシュート。
サラー、マネにスペースを与えず、玉際の仕事を徹底すると善戦ができるという好例を見せた熱い試合だった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC14AFC0D090_1559951994_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC1C91222C70_464603332_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC16415A58E0_973065887_768x432



新生レスター大量5得点!! 武藤は退場者が出て交代


レスターはニューカッスルに5-0の快勝。リカルドペレイラのドリブルはスピードに乗り、そのまま左足をミート。サイドネットに地を這う一直線のゴール。
ニューカッスルが43分に退場者を出すと、武藤はキソンヨンと交代。武藤、出場してたのかってくらい空気。
レスターは左MF21歳ハーヴィー・バーンズ(イングランド)、インサイドMFのデニス・プラート(ベルギー)がMOM級の活躍。堅守速攻でハードなタスクをこなす。デブライネ級のクロス精度を持つがあまり知られていないオルブライトンは58分に出場。ヴァーディーのスプリントに合わせたアシストを早速供給した。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11236F2F20_1667778301_768x432


ポルトガリッシュ・ウルブズようやく勝利、プッキ、キャントウェルは不発。パレスはザハが輝く


ウルヴァー・ハンプトンはワトフォードに勝利して降格圏脱出。EL(ベシクタシュ戦)に向けた勢いになるか。
ノリッジはパレスに負けて二戦勝ちなし、シティに勝利して以降プッキ、キャントウェルが得点から遠ざかる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12EB490010_491353092_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1BECC5FC00_371690210_768x432
ザハのフィジカル、テクニックの輝きがとまらない。


トッテナムは通常運営。ポッチェッティーノの攻撃サッカーにセインツ防戦一方


EFLカップで4部コルチェスターに敗戦したトッテナムは31分にオーリエが退場、ロリスがコントロールをミスしてサウザンプトンが先制するが、トッテナムの前線は止まらない。
ケイン、エンドンベレがゴールを奪い2-1。
吉田はロナウド級のマークはずしを見せるが、ロリスのファインセーブに阻まれる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1417961660_563220582_768x432



勝ち点3が欲しい両者、ボーンマスとウェストハムの今後を占う試合


勝ち点3が欲しい好調チーム同士の対決となったウェストハム、ボーンマスは2-2のドロー。ヤルモレンコはセバスティアン・アレのおとしを決める。ボーンマスも好調メンバー、ハリーウィルソン(リヴァプールからローン中)を中心に攻める。両チームとも最終ラインのディフェンスがゾーン気味。プレスが遅く、セットプレーとワイドな攻撃で追加点を奪い合う。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC1A12E13600_386058623_768x432 (1)



名手揃いのエヴァートンはホームでマンCと均衡


エヴァートンはホームでマンCと対戦。1-1のまま70分を耐える均衡した試合。
この日の主役は先発したリヤド・マレズ。溌剌としたプレーで先制点の起点となり、71分には追加点。スターリングが3点目を重ね、ビッグ2は勝利。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1BF8C41300_649849984_768x432


ヤングチェルシー、プレミアリーグ前の調整になるか


チェルシーはブライトンに勝利。ランパード監督はプレミアに順応し、若手もそれに応えはじめた。PKキッカーはジョルジーニョ。タイミングをはずした巧みなゴール。後半にはウィリアンが追加点。エイブラハムはさすがの存在感でチャンスを作る。マルコスアロンソはやはり右足が使えず、決定機をはずす。2-0で勝利。チェルシーは今シーズン初のクリーンシート。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1F146D6D80_1798097897_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1E92659EF0_2067647794_768x432


第7節終了時点の順位は
1位 リヴァプール 21pt
2位 マンチェスターシティ 16pt
3位 レスター 14pt
4位 アーセナル 12pt
5位ウェストハム 12pt

トッテナム、チェルシー、ボーンマス、パレスが3勝2分2敗で11ptと並ぶ。
10位マンU、11位バーンリーが9pt
12位シェフィールド8pt
13位ウルブス 14位サウザンプトン 15位エヴァートンが7pt

中二日でCL、EL第2節が待つプレミアリーグ第7節、リヴァプールは難敵ザルツブルクと、マンCはザグレブ、チェルシーはリール、トッテナムはレッドスター戦が待ち受ける。

ポッチェッティーノの周りが騒がしいのはいつものことだが、敗戦が許されないグループステージ。

こちらも合わせてどうぞ





プレミアリーグ優勝予想2019-2020


ごめんないさい(最初に謝罪、これ重要)
ずばり! マンチェスターシティの優勝でしょう!
レスター、アーセナル、若いチェルシーはEL出場権を順当に争ってくれたら面白い。CL出場権にトッテナムが食い込む、と。


現時点(9月4日)で記事になっているサラーのエゴイスティックなプレーにマネ激高の事実は悪印象。
移籍噂の絶えない、世界の金満クラブから延びる獲得触手のサラーもいつどこで心が動いてもおかしくない状況。マネも同様。事実、リヴァプールは2018、19のビックイヤー(CL優勝)を獲得。名声と年俸のステップアップを望めば、プレミアリーグタイトル、レッズでのレジェンド入りなどに価値を見出せるかは当人と代理人の問題。

レスターはヴァーディー、マディソン、ポテンシャルを秘めたベルギー代表ティーレマンスの躍動と優勝当時から変わらない堅守速攻が一貫すれば上位キープ。アーセナルも同様、ワールドクラスを揃えたエメリがメンバーを活かしきれるかが焦点。
クリスタルパレスは冬移籍に目立った選手が残留すればCL、ELを争う実力を有するプレミア級のクラブ。トッテナムの円熟味はいうまでもなく、世界最高レベル、と。

ランパード一年目のチェルシーはユース出身のティーンエイジャー、FWエイブラハム、MFマウント、CBトモリが成長中。プレミアでの経験値を蓄積したとき、シーズン終盤で勝ち点を拾い続けられるか。そして国内カップ、ELでスタミナ管理できるか。


予想できないのは、マンチェスターユナイテッド。この大看板は最低でもEL獲得圏を目指しているので、シーズン終盤の猛追か、OBからの発破で爆発力を見せる若手が多いゆえに、CL圏(4位まで)の予想の不確定要素。ただしラシュフォードはフィジカルが弱いまま、プレミアの削りにまだまだ適応できていない。ポグバも負傷離脱中。スールシャールの草サッカーは相手に合わせた戦術、効果的な交代カードの感じも見せない。フレッジはやはり無駄な買い物。デヘアがなんとか勝たせている試合ばかり(現在6節での記事)

ウェストハムペレグリーニが腰を据えた2年目体制。各国の実力者を集めていいチームを作ってきている。国内タイトルか、上位でフィニッシュして国際舞台に羽ばたくか。目立たないが可能性があるチームの筆頭。第7節時点で5位のダークホース。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1A12E13600_386058623_768x432


実力伯仲だからこそ、すべて結果に現れるプレミアリーグ。
この予想もすべて結果と照らし合わせましょう。また次回、いい夜を。



次回、海外の予想、日本人記者の予想と比較して、完全主観のタイトルレースの予想を上げたいと思います。


1位マンC
2位リヴァプール
3位レスター
4位チェルシー
CL圏↑EL圏↓
5位ウェストハム

↑このページのトップヘ