東京プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

タグ:チェルシー

首位リヴァプールは2位マンチェスターシティとホームで対戦。またしてもVARの判定に物議が起こる。

得点シーン、主な攻撃の形、そのほか感想の順で書き下ししていきます

登録無料のスポーツベット
日本語対応はここから


バーンリー3発快勝!ウェストハムは勝ち点こぼす


戦力、チーム内、フロント共に放映権という地盤のもと安定を見せるプレミア中堅が勝ち点を取り合う19-20シーズン。開幕こそ勝ちを重ねた各国の代表級を揃えるウェストハムだったが、11試合3アシストのみ、ブラジル代表フィリペ・アンデルソンがフィニッシュに絡めていないのが痛い。
バーンリーはイングランド代表守護神ニック・ポープとプレミアリーグの経験値のある選手を中心に、ニュージーランドの長身FWクリス・ウッドにボールをあつめつつ、プレミアリーグの経験値で勝る30歳アシュリー・バーンズが試合を組み立てながら、ゴールの嗅覚で得点を逃さないシーンが多い。しかしレスター、チェルシー、シェフィールドに3連敗。対するウェストハムもマンUに勝利して以降ドローと敗戦を重ね、パスを回せるチームだがフィニッシュとシュートブロックで試合を支配しきれないでいる。


この試合のオッズを見る
先制は11分バーンリー、CKをターコウスキーが落としてアシュリー・バーンズが詰めた。
その後パスで展開を探るウェストハムだったが、フィニッシュまでの逆算の速度で勝るバーンリーがサイドラインからPA内のスポットへクロスを入れてクリス・ウッドがゴールネットを揺らすが惜しくもVAR。指の第一関節が出ているだけでも許されない今シーズンである、当たり前の取り消しだが、直後の44分、ウェストハムのゴールキックをCBディオプのコントロールミスを奪う。クリス・ウッドが痛恨のゴール。

3ゴール目はバーンリーのコーナーキックをパンチングに行ったGKロベルト・ヒメネスが拳に当てきれずオウンゴール。

ヤルモレンコ、ランシーニが攻撃で脅威になるが、守備の地盤が弱いウェストハムは13pt、16位に後退

クリスウッド、バーンズがハマると強いプレミア級フィジカルロングボール集団バーンリーは10位、15pt。Jリーグ並みの混沌の4位以降である。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2S7D9SW12V_812447189_768x432

ニューカッスルvsボーンマス 戦術マクシミンここに極まる!


怪我明け早々に圧巻のキレを見せたサン=マクシミンが今日も魅せるが、先制はボーンマス


14分、コーナーキックのポストプレーで時間を作ると、遠いサイドからハリー・ウィルソンがスペースを見つけて駆け込む。ハリーのタイミングに合わせたパスをダイレクトでシュート。ゴール左隅を揺らした。時間停止のなかを1人動いているようなひらめきを見せたハリー・ウィルソンが4ゴール目。

42分にニューカッスルが1点を返す。サン=マクシミンが一番奥で走り出したイェドリンにクロス。ファン・ペルシーばりの美しいダイビングヘッドを決める。

続けて52分、またしてもコーナーキックの高いボールをニューカッスルが先に触る。ヘディングの軌道がボーンマスの選手に当たって変化し、キーパーの届かない位置へ転がった。


ハイライトはなんと言っても見ごたえのあるロングボールの応酬。マークする選手が分かっていてもカラム・ウィルソン、ハリー・ウィルソンの動き出しが速く、ロングパスを選択する判断もはやい。ニューカッスルも同様に、サン=マクシミンが常にCBの近くで裏を狙うか、少しさがってスペースにくさびで受けるかをしている。速攻のスイッチャーが誰か分かっていてもサン=マクシミンがマークのはずしでは一枚上手だろう。セットプレー、ロングボールの精度に磨きがかかるニューカッスル8番ジョンジョ・シェルビも視野と判断でサン=マクシミンを支える戦い方が身についてきたため、自陣での戦い方に弱いニューカッスルを助けている。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2S7D9PDXQ0_353377795_768x432

!!登録無料!!試合オッズを見に行く!


レスターvsアーセナル 新生レスター圧巻の決定力


いよいよ3バックも使い出したアーセナル だが、ボールを支配するのはもちろんレスター。中央二列目で出場がつづく待望のエジルだが、エジルらしさみたいなものは枯れてしまっている。

独走するリヴァプール、負傷で理想のスタメンが揃わないが食らいつくマンチェスター・シティ、4年間の熟成を経て開花したレスター、若手が躍動するランパード・チェルシー

4チーム以外、優勝を狙う態勢にあるとはいえない現状。アーセナルも功労者ヴェンゲルを解任しエメリ新体制になったものの、熱いサポーターを裏切るクラブ状況は変わらない。



前半はアーセナルが果敢に攻めて試合の流れに入るが、徐々にシュート数で圧倒されていく。カンテがいなければ全員でカンテになればいいといったような心持が感じられるセカンドボールの回収で攻撃につなげていく。

 60分までスコアは動かないが、アジョゼ・ペレスと代えてグレイが投入されると最前線でのポゼッションはクオリティを保ちつづける。
 68分、最終ラインのパスでマークを散らされ、ボールウォッチャーになるアーセナルはヴァーディーにマークをはずされ先制される。

 75分、2点目はジェームズ・マディソン。パスを出したあとは動き出してスペース、パスコースをつくりフリーの選手を活用するレスターがゴール前でフリーのマディソンにラストパス。まさにワンチームで戦うレスターが勝利。


両チームのトータルパス数はレスター508本に対し、アーセナルは505本と差がないが、シュート数はアーセナル8シュートに対しレスターは19シュート。

アーセナルは5バックでゴール前のスペースを消していたため、パス回しが増えるレスターだったが、ロストもなく攻撃のリズムを握り続けた。アーセナルの攻撃はというと、やはりオーバメヤン、ラカゼットの横並びが試合中脅威でありつづける。加えてダビド・ルイスのロングボールでレスターの裏を取るシーンもあるが、消えているエジルはこの役割を果たせない。
3バックで攻撃の厚みがあるもののグエンドウジ、トレイラの攻守含めたタスクの多さはこの厚みを継続できなかった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2V7D9ODFEA_834976368_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC2T7D90N4S5_190458180_768x432



ウルブズvsアストン・ビラ トラオレは余裕のジョギング

ここまで2敗のみ、ヨーロッパリーググループKでも4節終えて3勝1敗、2位につけるウルバーハンプトン。スロースタート癖さえ治ればプレミア最多7引き分けが勝ちに変わるポテンシャルを持った選手を多くかかえる。ルベン・ネヴェス、モウチーニョ、ジョタ、ルイ・パトリシオといったポルトガル代表級の選手が試合を引き締めるが、昨シーズンのカウンターサッカー癖なのか全体で連携が取れているシーンは少ない。

40分、セットプレーのシーン、ペナルティアーク付近でフリーのルヴェン・ネベスがコントロールの利いた強烈なシュートを突き刺す。

80分、カウンターマシン、トラオレがヴィラのチェック2枚をはがしてラストプレーがスタート。プレミアでも5本の指に入る緩急あるドリブルでラウル・ヒメネスの上がりを待つ。ほぼジョギング状態だがヴィラの守備は追いつけない。ひとまず最終ラインまで走ったヒメネスが、一身分ラインからマイナスに落ちてフリーになったところをトラオレが余裕のラストパス。2-0とするが試合終了間際、マフムード・ハッサンことトレゼゲが気持ちの乗った1点を返す。


ウルブズの右サイドは快速のトラオレ、運動量豊富なドハティのオーバーラップなどもあり攻撃に厚みがあるが、懸念事項はボールを運び終わったトラオレがペナルティアーク中心でボールに関わらず棒立ちしていることだろう。この辺りの役割が明確になっていれば、トラオレの100パーセントが見れるかもしれない。右ウィングでもなく右サイドバックでもないカウンター要員でしかない今の戦術からプラスアルファが求められる。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2F8D9RYOBM_1904050099_768x432



マンUvsブライトン 古豪ホームに本領発揮できず

グレアム・ポッター監督の4-4-2の美しいポゼッションスタイルでプレミアリーグを勝ち抜いているブライトンがオールドトラフォードに乗り込む。トッテナムに3-0、エヴァートンに3-2と前評判を覆してきたが、105×68のスタンドから圧がかかるピッチでオープンワイドなロングボール、ショートパスを織り交ぜた展開は封じられ、ブライトンの選手は徐々にコントロールがずれていく。


フレッジ、マクトミネイがセカンドボールを拾って攻撃に繋げる。ラシュフォードはデビューから変わらないフィジカルの弱さで流れを断つが左サイドでボールを持つと足元のアイデアで光る。


17分、アンドレ・ペレイラのシュートがDFに当たって軌道が変わりゴール。フィニッシュの意識をもって試合に臨むペレイラの19-20シーズン初ゴールとなった。

29分、プレスキッカーはフレッジ。ゴール前へ大きな回転のクロスを入れる。競り合いの混沌をマクトミネイが詰める。若干22歳だが196cmのワールドクラスの体格がセットプレーを助けるシーンをよく目にするようになってきた。

63分、ブライトンがコーナーキックで1点を返す。日ごろのセットプレーの守備練習がうかがえるユナイテッド。マグワイア頼りの守備の限界が見え隠れする。


64分、守備ブロックの整列がブライトンらしさだが、整う間もなくマルシャル、ラシュフォードが裏抜けから攻撃を開始。ブライトンDFは集中力を欠きフリーのラシュフォードが流し込む。


3-1で終了したこの試合。ワンビサカのインターセプトも多く、ホームで選手同士の距離感もいいユナイテッドがボールを支配した。マクトミネイのロングシュート、フレッジのチャンスメイクも高い位置で輝くが、アウェイでこのツーボランチを押し上げることがスールシャールに、ひいてはリンデレフとマグワイアにできるかは怪しい。
ブライトンは2トップの19歳、44番コノリーと23歳、7番マーペイは身長はないがユナイテッドDF相手に充分すぎるフィジカルコンディションの高さとキープを見せる。ポッター監督はハーフタイム後もポゼッションする落ち着きを修正できず敗戦。しかし両チームのポイント差はわずか1である。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2F8D936TOZ_670107782_768x432
!ブライトンが勝てば20倍!500円からできるスポーツベット!

サウサンプトンvsエヴァートン 降格圏から逃げたい両者


9-0という大敗から立ち直れず、強豪が欲しがる若手も台頭しないセインツはエヴァートンに1-2の敗戦。3バックのシステムを継続させるが、ショートパス主体の試合運びは逆に相手のチャンスを増やしてしまう。
エヴァートンは12節終えて6敗と苦戦しているが、攻撃の駒は豊富でも、攻撃と守備が一体の現代サッカーに適応しきれていないのが原因だろう。


4分 エヴァートンのコーナーキック、動き出したホルゲートのマークをはずしてしまったセインツFWイングス。ファーに逸らされトム・デイヴィスが押し込んだ。


後半49分 ソアレスと交代したブファルが緩急ある突破からクロスを入れる。反応したイングスが押し込んで同点とする。

75分 シディベの大きなクロスにスプリントした遠いサイドのリシャルリソンがゴール。


2-1で試合終了、セインツはまたしても勝てずノリッジに次ぐ19位。429分のみの出場にとどまるブファルだが、ドリブルのクオリティが落ち込むシーズンの唯一の希望だろう。2アシストはセインツ最多。5ゴール目を奪ったイングスは古いタイプのストライカーで戦術的な落としどころがなく、場車力ではたらくロメウとパスでリズムを作りたがるワードプラウズのギャップが埋まらない。4バックの純粋なサイドバックなら開花の可能性があるヤン・ヴァレリーはベンチスタート。

エヴァートンはリシャルリソンを支えるリュカ・ディーニュのバルサ仕込のテクニックが止まらない。ウォルコットが時折エゴを見せるためキーパスのチャンスをつぶすが、それでも強力なドリブルとシュートを持っている。サイド攻撃が主体のため中央のシグルズソンは目立たないが自分の役割に徹する姿がある。とにかく攻撃したがりな選手が多いため全体守備の面でセインツに突かれる場面もあった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2R7D9SYKCM_1993223112_768x432



トッテナムvs好調シェフィールド またしても謎VAR炸裂!


代表ウィークが明けてポッチェッティーノ解任の最終試合となったゲーム。トッテナムはダークホース、シェフィールドをホームで迎える。100×67の小さいピッチだったホワイトハートレーンから105×68のトッテナム・ホットスパースタジアムになったが、オープンなロングボールで戦えるチームが勝ち点を手にしている今シーズンの潮流にこの広いピッチがあだとなっている。

ピッチ外が騒がしく、運動量も重要な試合以外は軒並み落ちているスパーズ。最終ラインからケインまでが遠く、攻撃力のある個人にボールを入れるだけで効果的なチームメイトのランニングも少ない。ただ、悪目立ちしがちのオーリエのPSGでのクオリティは健在。トップ下のデレ・アリはシュート0本、その分右サイドのロ・チェルソ、ソン・フンミンに球を供給している。


前半はスコア動かず、後半58分 ロチェルソ、アリの崩しが運よくソンに流れ、フィニッシュ。シェフィールドはボール保持者を囲ってはいるものの誰がチェックに行くか甘くなり、スペースと時間を与えた。

60分、最初のクロスを入れた7番ランドストラムのつま先がオフサイドになりゴールが取り消される。78分、枠内に向かう2番バルドークのクロスにガッサニーガ反応できずゴール。


ボールを持つと攻撃のスイッチが速いシェフィールドは長いパスでフィールドを大きく使う。リスムセ、マクゴールドリックがMFの中継を待たずに最前で準備をしていることも好調の理由だろう。

後半投入のルーカス・モウラは86分から出場だが、もう少し早ければもっと脅威になっただろう。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2R7D9BD0YF_346556712_768x432

ノリッジvsワトフォード デウロフェウがこねまくる!


左サイドの弱さが目立つノリッジとデウロフェウのコンディション次第になってしまった去年の主力を失ってテコ入れできないワトフォード。プレミアの多くの試合で封じられているデウロフェウだが、経験の差が勝る。

前半2分、ブエンディア、ゴドフリー、ジャマール・ルイスのゆるいパスワークをデウロフェウがインターセプト。バルサ仕込のドリブラーには充分すぎるスペースをつめてフィニッシュ。

後半52分、ロベルト・ペレイラと交代出場のアンドレ・グレイがデウロフェウのセクシーなループクロスをヒールキックでシュート。


しかし65分にワトフォードはカバセレが退場。キャントウェルの途中出場もあり息を吹き返すノリッジはプッキのシュートも増えるが得点には至らず、2-0。プッキ、キャントウェルで成し遂げた開幕の試合を思い出して欲しいところである。ノリッジは左SB・12番ジャマール・ルイスのミスが目立ち明らかにプレミアには実力が足りていないが替えがいない状況。
ワトフォードもデウロフェウの個人技に頼り、攻撃の枚数はまだまだ薄い。試合を終えてワトフォード18位、8pt。ノリッジは20位、9ptとなっている。



カンテ復帰のチェルシーvsクリスタル・パレス ザハは低調気味


カンテが負傷明け、EL後のこの試合はコバチッチと2ボランチを組んだ。前線4人は変わらず、改善の兆しを見せるズマ、トモリがCBを務める。エメルソンも左SBで出場。パレスもホジソンのベストメンバーが揃う。


スコアレスで折り返した後半52分、ウィリアン、エイブラハムのマークがゆるいところにコバチッチのパス。受けたウィリアンがエイブラハムの裏にフリックして先制する。指でオフサイドになっていないかVARの確認はなかった。

78分、プレミアに来てさらにタッチが柔らかくなったプリシッチが後半でも衰えないドリブルをみせる。バチュアイのシュートがブロックされると、ラインに詰めていたプリシッチが頭で押し込む。


前半はファウルが多く試合の流れがいいところで切れていたが、両者とも持ち味を発揮。とある海外サイトのMOMにザハが選ばれていたがこの試合に関しては目立った仕事をしたようには思えない。アカデミー出身リース・ジェームズ(19)が右SBで出場してザハとマッチ。レジェンドたちと比べると攻撃力は遠く及ばない。カンテの超絶タックルもなく、ズマ、トモリが簡単につぶしてしまう。

ザハのドリブル、アイェウのキープのチェックを緩めることなく、サッカーIQの高いマウント、エイブラハム、ウィリアンと、シュートの意識が高いプリシッチが試合を決めた。ボールを持ってからロングボールまでの攻撃がはやいシェフィールドのように、誰かがドリブルで一枚はがすと攻撃のスイッチが入るチェルシーの、この攻撃を察知する感度こそが3位にいる理由だろう。平均オッズ2.0倍のチェルシーを見る!



tag_reuters.com,2019_newsml_RC2Q7D9RIT6B_653237495_768x432

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2P7D92R3KM_1560496190_768x432
!!登録無料!!退会無料!!日本語対応したばかり!10BETで検索!!


頂上決戦!リヴァプールVSマンチェスターシティ!


リヴァプールに疑惑のハンドが2回あるものの、ジャッジはプレーオン。VARで確認したものの覆ることはなかった。リヴァプールは怪我人もなくCL優勝メンバーをスタメンに揃える。対するシティは直前でロドリ、ダビド・シウバが負傷から復帰。ペップが情報戦で勝利したかに思われた。

前半6分、エリア内でTAAの手にボールが当たるがプレー続行。マネがゴール前まで運ぶ。フィルミーノ、マネが並んで待つ間にシティのディフェンスがゴール前にそろう。ギュンドアンの中途半端なクリアをファビーニョがダイレクトシュート。

12分、アレクサンダー=アーノルド、ロバートソンと大きくパスを繋ぎ、ペナルティエリアとDFラインの大きな隙間に素早いクロスを入れると呼応したサラーがヘディング。スコアは早々に2-0


51分、ヘンダーソンの緩急の突破からゴール前へクロス。チャレンジを試みて前へでたブラボだったがクロスに触れることなくポジションに戻るが、マネのヘディングに準備ができず3-0。

その後も怒涛のカウンターを炸裂させる両者。サラー対策に先発した左SBアンへリーノが78分、攻撃に厚みを加えクロスを入れる。ベルナルド・シウバがロバートソンのマークをはずしワールドクラスのコントロールシュート。3-1とする。

ペップはアグエロとジェズズを交代させるだけにとどまるが、クロップは運動量を考えミルナー、ジョー・ゴメス、チェンバレンを投入。
10年代初頭のドルトムント、バイエルン並みのカウンターの応酬に驚くが(監督もこの試合そのまま)、貴重なセカンドボールで速攻をしないとチャンスがつぶれることを理解させている両監督。
ハンドを抜きにしても運動量、ゴール前での組織的な守備はリヴァプールが圧倒。アグエロも長身CBに挟まれて目立たずに交代。スターリングが最多8回のドリブル突破を見せるがDFのそろうリヴァプール中央相手にコースがない。マネも最終ラインまで守備に走り、サラーも戻りを徹底する。デブライネがサイドに流れたとき中央のアイデアが少なくなるのが今季シティの痛いところだろう。
ラッキーなジャッジがあったが、TAA、ロバートソンの存在、シティはエデルソンの不在がこの点差につながっているだろう。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC2H8D973RY6_109410749_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC2H8D9LP5HM_265236993_768x432
!!登録無料!!世界のオッズを見る



記事をそろそろリライト(校正)するので、お見苦しい点のご指摘お待ちしてます。

リメンバランスサンデーの季節、プレミアリーグは英国らしい気候の試合が多くなる。 11月はすでに気温一桁に近くなり、冷たい雨と風にユニフォームのポピーパッチが晒される。そんな第11節

目次

ボーンマス1-0の勝利 後半猛攻見せるマンU、苦し紛れのシュートが精一杯

降格圏から抜け出し好調ニューカッスル、鬼門ウェストハムに勝利

アストンヴィラ先制、リヴァプールは苦戦するも90分から2得点

待望のエジル先発 ウルブズの逆転弾で連続のドロー

シェフィールドvsバーンリー 圧倒的なホームの声援

キングオブ4-4-2の華麗なブライトン ノリッジは沈黙

サウサンプトンは王者に先制 後半牙を剥いたシティの逆転勝利

プリシッチ好調のチェルシー ワトフォードに勝利

レスターはクリスタル・パレスと対戦 翼をさずかるヴァーディーの一撃

不運な事故のアンドレ・ゴメス 低調なシーズンのトッテナム

ボーンマス1-0の勝利 後半猛攻見せるマンU、苦し紛れのシュートが精一杯

やはりボーンマスはハリー・ウィルソン、カラム・ウィルソン、J・キングの縦へ突破する力を頼りにマンUのエンドまでボールを運ぶ。守備に怖さのない弱いユナイテッドはワンビサカもマグワイアもこれといったプレーはない。

前半45分、ハリー・ウィルソンのサイドから崩すボーンマス、もちろんユナイテッドに守備の統率はない。ジョシュア・キングは体格を活かしたコントロールでゴールへ振り向いてボレー。デヘアの飛び出しもむなしくボールは股下を通る。何度でも言おう、ヤングのサイドを攻めればとりあえず勝てると。

後半残り20分まで流れはボーンマス。ウィルソンがポジションを変えながらロングボールを得て縦へ進む。高い位置でボールロストの目立つフレッジ。そのスポットにキング、ウィルソンが入ってシュートの形にするという、ボーンマスの攻撃に迷いのない3人がチャンスを作るというのが今季ボーンマス。

そしてユナイテッドは足が止まり始めた時間帯になってようやくシュートを増やす。が、これもラシュフォード、マルシャルが試合を作るわけじゃない。鋭いドリブルを見せるが反応するプレイヤーはいない。守備の揃うボーンマスに対し、エリア外のロングシュートを連発。集中を切らさないボーンマスは攻撃を処理してGKラムズデールの正面へと打たせる。ユナイテッドは15シュート中、フレッジ4本、マクトミネイ、ペレイラが3本ずつというように、ジェームズ、ラシュフォードがシュートに絡めていなかった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC1398A98010_1538030915_768x432





降格圏から抜け出し好調ニューカッスル、鬼門ウェストハムに勝利


レスターがサウサンプトンに大勝すると得失点の関係で順位を上げたニューカッスル。開幕こそマクシミン不在で苦しむが、スピード、コントロール、フィジカルの全てが揃うこの男が帰ってくるとボールが集まり多くのチャンスを作った。そしてシェルビのセットプレーが勝利を決定づけた。

ニューカッスルは3得点を重ねる。フリーキックをゴールエリア内の対角線に入れるシェルビ。ジョエリントンが折り返すとCBクラークが空中戦で勝利。

2点目は今シーズンのプレミアのトレンド、「サイドからサイドへ」をよくあらわす一撃。左WBウィレムスのロングボールを攻めあがっていた3CBのフェルナンデスが空中戦で勝利。頭で合わせる。

シェルビのFKで3点目を決めた後、ウェストハムは2点を返す。ボールを運ぶウェストハムの対応に、5バックとMFが連携を取れないニューカッスル。


ノーブル、ヤルモレンコが試合に入りきれず、マクシミン、ウィレムスのロングカウンターに対応を追われる。驚異的な抜け出しの嗅覚を再三見せるマクシミンに、長い距離を走れるアルミロンはフィリペ・アンデルソンのマークや中央の黒子役に追われ、ゴール前へのスプリントは少ない。両チームとも守備の統率、空中デュエルの問題はそのままだが、攻撃になるとやはり怖いものがある。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC14410EDE20_1834437790_768x432


アストンヴィラ先制、リヴァプールは苦戦するも90分から2得点


先制はアストン・ヴィラ。前半20分、セットプレーから逆サイドのトレゼゲへフリーで届くと先制点を流し込む。リヴァプールは自陣セットプレーの守備を、敵のマークよりラインをそろえて守ることを重視するため、飛び出しに枚数をかけられるとオフサイドをとれずフリーにさせることが多いが、まさにその形で決められる。本名マフムード・ハッサン、トレゼゲに似ているというシンプルな理由でこのフィールドネームらしい。


その後、お互い自分たちの攻撃の形を作りあって探り合う。が、ヴィラ4シュートに対しリヴァプールは25本シュートを放つ。

それでも点が遠いのはやはり先発起用のララーナがいることだろう。ファビーニョに代わり中盤センターをつとめるが、いままでのリヴァプールならTAAかロバートソンにボールを振りビルドアップがスタートするところを、CBと距離が近いララーナを経由することで普段の攻撃の流れにワンテンポ遅れが出ていた。この遅れたわずかの時間で、エル・ガジやウェズリーが守備をスタートすると、ヴィラの守備は整う充分な時間を作り出せていた。

このままリヴァプール敗戦かと思っていると、攻撃に枚数をかけられヴィラの守備スピードが遅れはじめる。マネのロングボールを逆サイドロバートソンが合わせた後、CKをマネがニアでそらして逆転。90分からの思いもよらぬ2得点にヴィラは肩を落とした。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC17AC268600_23638596_768x432



待望のエジル先発 ウルブズの逆転弾で連続のドロー

先制して、返されて、12節レスター戦でようやく負けるがそれは置いておいて、ホームのアーセナルはやはり試合を支配できない。

セカンドボールをエジルに集め、攻撃のスイッチが入るアーセナル。エジルが先発し、オーバメヤン、ラカゼットに効果的なキーパスが増えるかと思われたが、結果3本のみ。ドリブルのチャレンジも限りなく0に近い数値。シュートは0本。それもそのはず、フィニッシュを受けにすら走らないのだから。

ウルブズが絶えずペースを握る。モウチーニョ、ルベン・ネヴェスの横並びにアーセナルは対応できず、ジョタ、ヒメネスが動いてチャンスをつくる。トラオレは試合になかなか入れず、2.5列をうろうろしていた。デンドンケルとの位置関係、プレーがはっきりしないため右ウィングで攻撃するかウィングバックで攻めきらないかを迷っていた。しかしアーセナルのティアニーの仕事もよかったといえる。

セバージョスがいい持ち運びを見せるが、エジルを数に数えないのでやはり枚数が足りないアーセナル。前半21分、グエンドゥジの運んだ右サイドから、ラカゼット、オーバメヤンへ平行に崩して先制するが、76分、ハイボールを競り勝ったヒメネスが1点を返す。エメリがトレイラに代えてサカを投入した直後のことである。トラオレサイドで自由度が増したウルブズが攻めかかるが、2点目には至らなかった。



tag_reuters.com,2019_newsml_RC166C165380_930694216_768x432





シェフィールドvsバーンリー 圧倒的なホームの声援

ボールを保持したら縦へスプリントする素早い戦術を徹底し、好調のシェフィールド。リス・ムセ、ひげが特徴のマクゴールドリック、スプリンターのランドストラムが攻撃の流れをつくる。

サイドラインを突破し、逆サイドへボールを送るという今シーズンのトレンドで戦えるシェフィールドがホームで強さを見せ、スプリントの枚数にマークをしきれないバーンリーが集中力を欠き、3ゴール。


バーンリーは前節から安直なミス、ロストが目立ち、リズムを保てない。アシュリー・バーンズ、ジェイロドリゲスにボールが届かぬまま、シェフィールド前線のハイプレス、四角形のゾーンでマークされて苦しむ。前節から運動量の落ちてきたバーンリーに怖さはなかった。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC18BF5D5140_26598270_768x432


キングオブ4-4-2の華麗なブライトン ノリッジは沈黙


2勝1分8敗、7pt、怪我人も多く本職のDFを欠く散々な昇格1年目のノリッチは、昇格するだけあってポテンシャルを秘めた選手を多く有するが、プレミア在籍2年目のブライトンもポッター招聘で躍進する。


ゴールは68分、ニアに走るトロサールへモントーヤの足の振りが速いクロス。ニアサイドでいかにテクニカルになれるかが問われる現代サッカーで、トロサールはボールに少し触れて、名GKクルルとポストのわずかな間に流し込む。

84分にブライトンは追加点。セットプレーからゴールへ向かう回転性のクロスにダフィーが合わせて2点目。試合終了。


ブライトンはシュート数21、支配率59% シュート数においてノリッジの3倍の結果を出す。ポッター監督の4-4-2は王道のポゼッション。三列のラインを揃えつつ、パスアンドゴーで数的有利を作りながら敵陣へと進入する。サイドで保持をして前進につまづいても、ラインが整っているため中央に横パスするだけで崩しがスタートするという、シャビ、イニエスタ、ブスケツの横並びのような完成度。

対するノリッジはボールを保持してペースをつかむ練習がうかがえるからこそ、オフザボールで取りどころをしぼるプランがないためポゼッションで上手のブライトンに攻め続けられてしまう。最終ラインからパス2本で敵陣深くへ進入するブライトンに、DFリーダー不在のノリッジはなすすべが無い。身長はないがフィジカルで南米以上の脅威になる7番マーペイも随所で効果的なポジションをとっていた。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC11DF7B7520_1389833436_768x432




サウサンプトンは王者に先制 後半牙を剥いたシティの逆転勝利


マンチェスター・シティホームで先制したサウサンプトン。前半13分に雨で塗れた芝がスリップ。キャッチをミスしたエデルソンのボールにワードプラウズが詰めて得点を挙げる。今季のエデルソンはどこか集中力が無く、不用意なミスが目立つ。


シティはワイドに攻めるが、セインツも負けじとワイドな形をとり、マンツーマン気味でハードワーク。崩しきれないシティは苦し紛れのロングボールをゴール前に放り込むのみ。

しかし後半、セインツはスタミナが切れはじめると、ボールを前へ送るスピードを速めるシティに後手後手になる。デブライネをフリーにさせると、グラウンダーのクロスをアグエロが流し込む。


セインツGKマッカーシーはクロスボールの判断に飛び出しを選ぶが、パンチングのチャレンジは失敗。サイドクロスはシルバの足元に落ち、無人のゴールに流し込む。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC12535CA080_2033906876_768x432


プリシッチ好調のチェルシー ワトフォードに2-0勝利


難しいシーズンを送るワトフォードと、若手中心のサッカーが戦術になりいよいよ足元が固まったチェルシー。ワトフォードはホームの利を活かすことなく、1-2と敗戦。

シュートを積極的に狙うプリシッチと、サッカーIQの高さを随所にうかがわせるチェルシー生え抜きのエイブラハムとマウント。トモリが最終ラインで堅実にプレーするのも、チームにさぼる理由を与えず心地よい労働倫理を徹底させるのがわかる。さらに十年戦う準備ができる恐ろしいチームである。

先制はチェルシー。ジョルジーニョの回転するスルーパスがエイブラハムの抜け出し、フリーになるタイミングとどんぴしゃり。追加点はプリシッチ。サイドに抜けたエイブラハムと、中央へ侵入するウィリアン。ワトフォードはマークの時間もなく、プリシッチがゴールエリアへ陣取り、エイブラハムの横パスを流す。

後半終了間際にPKを獲得したワトフォードが1点を返すが、やはり何かしらの結果や記録等で上回ることができないワトフォードはチェルシーに支配され敗戦。ここにきてもまだ自身がメッシだと信じるデウロフェウは、プレミアの厄病神であることが明らかになった。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC12E836C910_659894336_768x432


レスターはクリスタル・パレスと対戦 翼をさずかるヴァーディーの一撃



パレスのホームへ乗り込んだ好調3位キープのレスター。メンバーは順当に先発し、難敵パレスと対戦する。


試合開始と同時にホームパレスは声援を受けザハ、アイエゥのホットラインから得点を探る。しかしじわりじわりと格の違いを見せるレスター。
セカンドボールをことごとく拾うフィールドプレイヤーのポジショニングの良さが、支配と攻撃につながり、デュエルを恐れる選手がいないこともチャンスメイク、相手のチャンスブロックにつながる。ヴァーディーの一発に気をつけたいパレスCBケーヒル(元チェルシー)も対応に問題はない。


先制はレスター、コーナーキックの混戦からフリーのソユンジュが押し込む。
追加点は4年間熟成させたポゼッションサッカーで3位につける新スタイルをよく表したものだった。チルウェルが高い位置でボールをもつと後半投入のグレイらがポゼッションランニングでパスコースを作る。中央で動き出すヴァーディーへグレイのラストパス。イーグルパフォーマンスで喜びを表すヴァーディーは得点王暫定首位につける。


試合は2-0で終了するが、レスターの決定力を抜きにしてもホームパレスは攻撃のチャンスを幾度もつくる。素早くザハに送り、アイエゥにキープさせてチャンスをつくる形で攻めるが、リヴァプールに肩を並べるレベルの最終ライン、リカルド・ペレイラやチルウェルが攻撃を摘む。ソユンクはその圧倒的なフィジカルで主審のジャッジ、ファール判定のレベルに波があるが、この試合はクリーンタックルを認められ、アイエゥのフィジカルでも突破が難しかった。

第二のミラクルに近づくレスター、王者の戦い方を心得たチームの強みを随所に見せてくれている。


tag_reuters.com,2019_newsml_RC1C57302AB0_1846751726_768x432


不運な事故のアンドレ・ゴメス 低調なシーズンのトッテナム


主審アトキンソンは錯乱するソン・フンミンに退場を命じる。16位エヴァートンからすると、レッドカード、懲罰ものの危険行為。しかし11位トッテナム、FA(イングランドサッカー協会)はいまだ明確な罰則を出さない。



前半は不調に陥る両者が過去を思い返しながら攻撃の形を試すような試合展開。個人の能力で自由度を与える戦術が裏目に出ていた。両クラブとも名手は打開力に詰まり、ボールロストと体裁をつくろうプレスに奔走する。

ゴールは62分、エヴァートンのバックパスをデレ・アリが拾い、自らが決める。
そして79分、ソン・フンミンが上記のタックルで退場になるとアディショナルタイム12分、エヴァートン、トスンが1点を返す。

試合内容で言えば事故も合わせて最悪の内容。両者いまの順位に合っているというような試合のデキであった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC18C144F770_1294781043_768x432



次回12節、いい夜を。


サッカーでスポーツベットしてない方は日本語対応の10BETがおすすめ

↑このページのトップヘ