プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

タグ:マンC

プレミアリーグ第7節が終了。
注目試合はシェフィールド対リヴァプール。クロップサッカーを追い詰める熱量、迫力が終了間際まで続く。

善戦するシェフィールド! リヴァプールは手堅く連勝伸ばす


シェフィールドは敵陣深い位置で攻撃をつづけるが、覚醒中のアドリアン、当代最高のDF陣がブロックする。コーナーキックのこぼれをワイナルドゥムがロングシュート。
サラー、マネにスペースを与えず、玉際の仕事を徹底すると善戦ができるという好例を見せた熱い試合だった。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC14AFC0D090_1559951994_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC1C91222C70_464603332_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC16415A58E0_973065887_768x432



新生レスター大量5得点!! 武藤は退場者が出て交代


レスターはニューカッスルに5-0の快勝。リカルドペレイラのドリブルはスピードに乗り、そのまま左足をミート。サイドネットに地を這う一直線のゴール。
ニューカッスルが43分に退場者を出すと、武藤はキソンヨンと交代。武藤、出場してたのかってくらい空気。
レスターは左MF21歳ハーヴィー・バーンズ(イングランド)、インサイドMFのデニス・プラート(ベルギー)がMOM級の活躍。堅守速攻でハードなタスクをこなす。デブライネ級のクロス精度を持つがあまり知られていないオルブライトンは58分に出場。ヴァーディーのスプリントに合わせたアシストを早速供給した。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11236F2F20_1667778301_768x432


ポルトガリッシュ・ウルブズようやく勝利、プッキ、キャントウェルは不発。パレスはザハが輝く


ウルヴァー・ハンプトンはワトフォードに勝利して降格圏脱出。EL(ベシクタシュ戦)に向けた勢いになるか。
ノリッジはパレスに負けて二戦勝ちなし、シティに勝利して以降プッキ、キャントウェルが得点から遠ざかる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12EB490010_491353092_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1BECC5FC00_371690210_768x432
ザハのフィジカル、テクニックの輝きがとまらない。


トッテナムは通常運営。ポッチェッティーノの攻撃サッカーにセインツ防戦一方


EFLカップで4部コルチェスターに敗戦したトッテナムは31分にオーリエが退場、ロリスがコントロールをミスしてサウザンプトンが先制するが、トッテナムの前線は止まらない。
ケイン、エンドンベレがゴールを奪い2-1。
吉田はロナウド級のマークはずしを見せるが、ロリスのファインセーブに阻まれる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1417961660_563220582_768x432



勝ち点3が欲しい両者、ボーンマスとウェストハムの今後を占う試合


勝ち点3が欲しい好調チーム同士の対決となったウェストハム、ボーンマスは2-2のドロー。ヤルモレンコはセバスティアン・アレのおとしを決める。ボーンマスも好調メンバー、ハリーウィルソン(リヴァプールからローン中)を中心に攻める。両チームとも最終ラインのディフェンスがゾーン気味。プレスが遅く、セットプレーとワイドな攻撃で追加点を奪い合う。

tag_reuters.com,2019_newsml_RC1A12E13600_386058623_768x432 (1)



名手揃いのエヴァートンはホームでマンCと均衡


エヴァートンはホームでマンCと対戦。1-1のまま70分を耐える均衡した試合。
この日の主役は先発したリヤド・マレズ。溌剌としたプレーで先制点の起点となり、71分には追加点。スターリングが3点目を重ね、ビッグ2は勝利。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1BF8C41300_649849984_768x432


ヤングチェルシー、プレミアリーグ前の調整になるか


チェルシーはブライトンに勝利。ランパード監督はプレミアに順応し、若手もそれに応えはじめた。PKキッカーはジョルジーニョ。タイミングをはずした巧みなゴール。後半にはウィリアンが追加点。エイブラハムはさすがの存在感でチャンスを作る。マルコスアロンソはやはり右足が使えず、決定機をはずす。2-0で勝利。チェルシーは今シーズン初のクリーンシート。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1F146D6D80_1798097897_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1E92659EF0_2067647794_768x432


第7節終了時点の順位は
1位 リヴァプール 21pt
2位 マンチェスターシティ 16pt
3位 レスター 14pt
4位 アーセナル 12pt
5位ウェストハム 12pt

トッテナム、チェルシー、ボーンマス、パレスが3勝2分2敗で11ptと並ぶ。
10位マンU、11位バーンリーが9pt
12位シェフィールド8pt
13位ウルブス 14位サウザンプトン 15位エヴァートンが7pt

中二日でCL、EL第2節が待つプレミアリーグ第7節、リヴァプールは難敵ザルツブルクと、マンCはザグレブ、チェルシーはリール、トッテナムはレッドスター戦が待ち受ける。

ポッチェッティーノの周りが騒がしいのはいつものことだが、敗戦が許されないグループステージ。

こちらも合わせてどうぞ




第6節が終了しました。
EL、CLから中二日のチームもあるなか、ビッグ2(シティ、リヴァプール)は勝利。

1位 リヴァプールはチェルシーを下し6連勝。
シーズン開幕から負傷離脱しているアリソンに代わるGKアドリアンはここまで5失点というリーグトップの数字に表れる活躍を今日も見せる。PA内のスペシャリスト、フィルミーノのトップレベルのヒールパスが密集からフリーのマネへ渡るシーンはレッズ好調のハイライト。フェルナンジーニョは後半集中力を切らし、カンテへのプレスに手を抜く。するとカンテがPAに進入、シュートブロックに三枚詰められるが、間を抜いてゴール。チェルシーはマウント、エイブラハムの裏抜けがチャンスを作るが、GKアドリアンは飛び出しのタイミングを誤らずナイスセーブ。チェルシーは13シュート(LIVは6本)を放つが決めきれない。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11F3100690_1924119146_768x432


2位 シティはワトフォードに大量8得点を決める。ベルナルド・シウヴァがハットトリック。ワトフォードの守備はM1決勝レベル。分析というタスクをこなし、大一番に向けて戦術として練習しないとゴール前に8人(5、3の責任転嫁ゾーン)並べたところでペップシティのサッカーIQには適わないという典型的な試合。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1143F34580_608170080_768x432


3位 レスターはホームでトッテナムに勝利。ソンフンミンの裏抜けからのオーリエのゴールがVARで取り消し。物議をかもすラインブレイクにトッテナムは泣く。ホームの勢いそのまま、レスターは3位を死守。ヴァーディーの体が重くなりはじめた今日このごろ。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1A81911200_1728141823_768x432


4位 アーセナルは41分にメイトランド・ナイルズが退場するが、3-2でアストンヴィラに”なぜか”勝っている。エメリは冬に解任コースまっしぐらだが、前線のポテンシャルとダビド・ルイスの(これが世界標準なのにチェルシーから移籍したD・ルイスしかできないロングフィードで試合を(サポーターさえも気がつかないほどひっそりと)コントロールする。6節が終わり、CL圏内にいることを誇れるほどライバルたちは凋落しているが、優勝もできず、エメリサッカーもつまらないので、サポーターは勝った気がしない。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1960380630_854255042_768x432


5位 ウェストハムはスールシャールの草サッカーに勝利。二年前はマンUの光明だったラシュフォードも10番を背負ってから重い看板と細いからだというビッグクラブらしからぬポテンシャルが露呈。ダニエル・ジェームズは警戒されて削られる。アンドレアス・ペレイラは今日もサイドバックみたいなプレーで怖さがない。ウェストハムの左SBクレスウェルが、FKで追加点。どこかの左SBとは大違い。ウェストハムはフィリピ・アンデルソン、ヤルモレンコをローテーションする試合巧者ぶりペレグリーニ体制二年目、いい位置でフィニッシュが望める。ここまで一敗という出だしは好印象。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1AC517FE00_2020613124_768x432


6位 ボーンマスはサウザンプトンに勝利。吉田麻耶はベンチ。

7位 トッテナムは敵地で自分たちのペースで進めるが、レスターの気迫が上回る。転びながら決めるケインを見ればイングランド代表が十年は安泰なのが分かる。銀河系が欲しがる選手をそろえている今、ポッチェッティーノがタイトルをどこまで狙えるか。


8位 マンUはウェストハムに敵地で敗戦。負けてもファンが減らない甘い汁をすするチームに、まだまだゴミ虫が多い。マルシャル、ポグバが怪我で離脱しているが、怪我人がいるのはどこも同じ。ファーガソンのガムのほうがまだ粘りがある空っぽチームは、デヘアユナイテッドから脱却できるのか。

9位 バーンリーはノリッジに勝利。パスサッカーをさせず、フィジカルプレーで押し込んだ。プッキ、キャントウェルの惜しいシーンもあるが、少ない決定機を決めきれない。

10位 シェフィールドはエヴァートンに勝利。第7節のリヴァプールに金星もありえる、マンUからレンタル中のGKディーン・ヘンダーソンは成長を見せる。デイゲームで黒い帽子をかぶれるGKが下手なはずがない!


次回、10位以下の試合結果をまとめます。決して不調ではないランパードチェルシーは11位、通年で見たときに結果がありそうなスカッドだが、6節までは伸び悩んでこの位置。

18pt 1位リヴァプール
13pt 2位マンC
11pt 3位レスター
11pt 4位アーセナル
11pt 5位ウェストハム
10pt 6位ボーンマス
8pt トッテナム、マンU、バーンリー、シェフィールド、チェルシー、パレス


こちらもあわせてどうぞ。


↑このページのトップヘ