プレミアリーグ観戦大学

ようこそサッカーを愛するみなさん。ウルトラス気質な私が忖度なしでプレミアリーグを観戦した記録です。8節から全試合観戦中。DFがすき

タグ:久保建英

こんにちは。 ゴールとアシストと久保君しか話題にならないので、海外組みメンバーのリーグ事情、活躍、現地評価などをやさしく、簡単にまとめてみます。
 

GK


川島永嗣(ストラスブール)

images

年齢:36歳
身長:188cm
体重:74kg

ロシアワールドカップの守護神、2018年8月からフランス・リーグアンのストラスブール(20チーム中17位(19.10.12時点)にリーグアンのメスからフリーで加入。メスではPKストップ率80%越えを記録するが、5月24日のナント戦、6月25日の日本代表ウルグアイ戦以降クラブ、代表両方で出場が遠のく。
ナントでは第3GK扱い。ベンチに入ることすら珍しいが、国際経験、言語能力、眉間のしわ、すっげえ美人な嫁でまだまだ日本のGKでトップを走る。川口能活以降戦力不足なポジションを補うGK



権田修一(ポルティモネンセ)
gk002
https://portimonense-jp.com/team/

年齢:30
身長:187cm
体重:83kg

気づいたら30歳。オーバートレーニングの怪我から回復し、30代から再出発のかつての代表第二GK。ポルトガル、プリメイラ・リーガ所属のポルティモネンセに今シーズンから加入。リーグ戦7節を終えて出場はないが、カップ戦での起用がメインとなっている。カップ戦では2試合2失点。代表ではミャンマー戦と続き、モンゴル戦でも先発起用。
ポルトガルの強豪との試合、アジア予選の本戦で役割を果たせるかが今後の課題。


シュミット・ダニエル(シントトロイデン) 
Yabuki-101

年齢:27歳
身長:196cm
体重:88kg

ベルギーリーグ、16位中12位、9試合18失点。身長はワールドクラス。カタカナネームの新時代のGKキタ!と思ったら、ベルギーで6失点デビュー。シント=トロイデンVVのスポンサー、DMMマネーで海外デビューしたが、ステップアップに時間がかかりそうな選手。GKの黄金年齢30代まであと3年。2022年カタールワールドカップまであと3年。CL出場の予選の切符があるベルギーリーグでどこまでインパクトを残せるか、GK大国(ドイツ、イタリア)から声がかるほど成長できるか、まだまだ分からない。




DF


長友佑都(ガラタサライ)

images (1)

年齢:33歳
身長:170cm
体重:68kg
利き足:体幹

平愛梨の旦那。イタリアの名門インテル・ミラノ(青と黒)からトルコのガラタサライへ。サポーター熱くて怖い欧州チームの1つ。タイトル争えないようならバス囲まれる以上のことを平気でするサポーターだが、インテル時代からアラビア語の誹謗中傷に慣れているコミュニケーションマスターには関係ない。開幕7試合、チャンピオンズリーググループステージ2試合、すべて出場しているという主戦力ぶり。
実際に、CL(チャンピオンズリーグ)では安定したプレー。PSGやブルッへのプレスを相手にロストもなくしっかりハタけている。目だった活躍もアシストもないが、足の速さとユニフォーム引っ張る力は衰え知らず。自分の利き足を忘れているため、意地でも下手なほうの足でクロスを上げる。



吉田麻也(サウサンプトン)
JB_20190726_TRAINING_SESSION_35

年齢:31歳
身長:189cm
体重:78kg


英国の永住権を得た、サウサンプトン在籍8年目。いつも降格ギリギリのところで粘るサウサンプトンで、ここ二年、キャプテンマークを巻いたり巻かなかったり、重要な試合で先発したりする。プレミアリーグではミスの多い選手として笑い種だったが、歴が長くなり、英語力が上がり、永住権を得て、地元に給料を一部還元したり、いつの間にか8歳から在籍しているワードプラウズ(24歳)を除けば最長在籍の人格者。サウサンプトンでもコーナーキックのターゲットになるが、惜しいところで世界レベルのGKに防がれる。ただ、コーナーのヘディングに関してはプレミアでもよくやっているほう。
マネやファンダイクとチームメイトだった過去を持つ。やろうと思えばロングフィードもできる次期カイザー筆頭。


酒井宏樹(マルセイユ)
SAKAI_02
年齢:29歳
身長:183cm
体重:70kg


代表では内田篤人(シャルケ、鹿島)の二番手に甘んじて来たが、フランスのマルセイユへ移籍すると、フランス代表にも選ばれた右ウィング、フロリアン・トヴァンのブレイクを支え、現地評価を高めた。低迷していた名門・マルセイユは運動量、日本マーケットの両方を獲得。小さな怪我でよく離脱する。身長、走力、スタミナにおいて充分な活躍。ネットではゴリと呼ばれることもしばしば。



植田直通(セルクル・ブルージュ)
images (2)


年齢:24歳
身長:186cm
体重:77kg


ベルギージュピラーリーグ、サークル・ブルッへは現在16チーム中16位。リーグ戦10試合7出場、27失点の中心にいる選手。鹿島での活躍を背負って海外デビュー2年目。しかし移籍したのは泥舟チーム。はやいところ移籍しなければ代表での位置も怪しい。海外で経験を積みたかったらEL、CLの予選ある各国強豪に移籍をお勧めしたい若手その1。まだまだやれる、格闘家ヒョードルを尊敬する次世代の武闘派CB。



安西幸輝(ポルティモネンセ)
df005

年齢:24歳
身長:172cm
体重:64kg

ポルトガルリーグ、ポルティモネンセで不動の右サイドバックとして全試合フル出場の信頼度。ポルト戦で上げたロングシュートで今季初ゴール。日の丸を背負う次世代の右サイドバック有望株筆頭。



畠中槙之輔(横浜FM)
k813k995q7cc

年齢:24歳
身長:184cm
体重:80kg


好調3位、横浜FMで助っ人外国人とタフにやりあうCB。横浜Fマリノス公式サイトを見たら隣に和田拓也がいた。いいチームには和田がいるという自説が立証された。大宮、広島、そして横浜FM。もう間違いないでしょ、和田拓也。FC東京時代の中島翔哉は大宮在籍時の和田を抜けなかった。優秀なDFが途切れない日本にまた新たな人材が登場した。



冨安健洋(ボローニャ) 
images (3)

年齢:20歳
身長:188cm
体重:70kg

ビッグネームの取引が目立つイタリア、セリエAにおいて2019シーズン最もセクシーで大インパクトのデビューを果たしたシントトロイデンから羽ばたいた選手。ボローニャは日本人選手とも馴染みあるクラブだが、そのボローニャで800万ユーロ前後(約10億円)の史上最高額で加入した。そのため懐疑的な声や批判もあったが、雑音を一試合目で歓声に変えた。本職とは異なる右サイドバックでのデビューだったが、テクニックを織り交ぜたボールキープ、フィジカルを活かした突破を披露。クロスについては不慣れなポジションなためぎこちなさが露呈したが、14番を着用するのに恥じない足の技術があることが分かった。右サイドバックを不動のものとするのに時間はかからず、チームは好調の出だしだった。ボローニャはここまで2勝3分け2敗と善戦。監督はシニシャ・ミハイロビッチ。ミラン時代の本田に信頼を置いた監督で、現役時代はDF。




続きを読む

CLグループステージ、全てのグループが第一節を終えました。

まずはグループA、銀河系崩壊のレアル・マドリードはモドリッチ、イスコ、マルセロ、アセンシオが負傷離脱中、ナチョ、セルヒオ・ラモスは出場停止で欠くが、PSGとの試合を見ていると、世界最高CBのバックアップとして出場したエデル・ミリタオはワーストのプレー。プレスをさぼり、マークをはずし、ディマリアに眼前で二得点を許す。対するPSGの前線はカバー二、エムバペ、ネイマールを欠くが、さすがの選手層の厚さ。効果的なボール支配、集中力でレアルを圧倒。フランクフルトで活躍したヨビッチは不発。体の重そうなクロース、ハメスが、久保くんよりスタメンにふさわしいかといったら、いまのマドリーにおいて疑問が残る。はやい!うまい!運ぶ!の三拍子が揃う久保建英より、今夜のアザールが良いのかどうか。来年は資金投下で中盤が補強されるだろうが、久保くんがジダンのチョイスになることを祈ります。

3-0でPSGの勝利。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12965D8C20_1544295423_768x432



客寄せパンダ長友佑都の所属するガラタサライはモナコからファルカオ、プレミアリーグ降格のフラムからローンでジャン・セリを補強。クラブブリュッへも、四年連続二桁得点、ベルギーリーグMVPにも選出されたことのあるハンス・ヴァナケンのファインプレーもあるが、チャンスはウルグアイ代表GKムスレラが塞いでいく。長友はセットプレーからこぼれたボールを拾い強烈なミドルシュートを放つがわずかに反れる。長友、左足禁止しろ。CLの舞台でスピード、フィジカルともにレアル、PSGと勝負ができそうな安定のプレー。第二子、誕生日おめでとう。0-0
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1844989B30_826473154_768x432


グループBはバイエルンがズヴェズダに勝利、トットナムはオリンピアコスに2-2の引き分け。トッテナムは勝てる試合だったが、PKを献上して追いつかれそのまま試合終了。ルーカス・モウラ、ケイン、デレ・アリの狂気さえ感じるスピードとドリブル。しかしグループ突破後にだけ目を向けていたら大穴、オリンピアコスが立ちはだかる。バイエルンはロベリーが退団したが、ペリシッチ、コマン、コウチーニョといった遜色ないサイドアタッカーがいる。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1226B03830_272642845_768x432
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1FEF57A170_1389764810_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC11BF3FC750_24428533_768x432
バルブエナのPK



グループCはクロアチアの雄、ディナモ・ザグレブがアタランタに4-0の勝利。CL初参加のアトランタには早くも暗雲が。ドゥバン・サパタは沈黙。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC11CA0D46D0_184224421_768x432

マンチェスターシティはシャフタールに3-0
マレズ、ギュンドアンともに1G1Aの活躍、ジェズズがとどめのゴール。CBに多数の故障者を抱えるが、MF、FWのスカッドは誰が出ても最強といった具合。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC12BC479D60_383222395_768x432



グループDはユベントス、アトレティコの二強が2-2の引き分け。
セットプレーから2点を追いつくアトレティコ。セットプレーが強いときのアトレティコはいい結果を残すシーズンを送る傾向がある。フェリックスは早くもシメオネスタイルに適応。カルチョのDFを越す惜しいヘディングもあった。
tag_reuters.com,2019_newsml_RC1F42E75600_27717063_768x432tag_reuters.com,2019_newsml_RC12C721AA60_1486967088_768x432



レヴァークーゼンはロコモティフに敗戦。レバークーゼンGKフラデツキーの不用意なミスからカウント1-2。動かないまま試合終了。注目選手の多いレヴァークーゼンは再三チャンスを作るが一試合目はロシアのクラブに勝ち点を落とす。


こちらの記事もあわせてどうぞ

↑このページのトップヘ